無人航空機登録制度について

皆さま、お世話になっております。JAAドローンパイロットスクールでございます。

先日、国土交通省航空局より「無人航空機の登録制度」について発表がありましたので解説させていただきます。


◇機体登録の義務化の概要

令和4年6月20日よりドローンの登録が義務化となります。 ・リモートID機能搭載も義務化され、これには猶予期間があります。 ・ドローン(無人航空機)の定義が200g以上から100g以上へと 拡大されるので、DJI Mavic mini、Mini2も対象となります。 ・形状や機能・性能によっては機体登録が出来ないドローンも出てきます。 ・機体の改造もある程度許されています。 ・登録には900円~2,400円の費用が掛かります。


◆登録ができない機体について 遠隔操作又は自動操縦による飛行が困難な機体や通信が不安定な機体、突起物がある機体に関しては、登録が出来ない場合があります。


◆リモートIDについて 6月20日以降に登録申請された機体にはリモートIDの搭載義務があります。ですが、6月19日までに事前登録手続きを済ませた機体には搭載義務から除外されます。 ※そのため、事前登録をされることをお勧めします


◇別途手数料と申請書の様式については画像にて添付させていただきましたが、下記のアドレス(無人航空機登録要領)と合わせてご覧になっていただけると分かり易いと思います。 →https://www.mlit.go.jp/koku/content/001442849.pdf


特集記事
最新記事